menu

これで人生は変わります

自撮りをしている女性

今こそ動くときです

毎日ずっと同じ仕事の繰り返しで、辛い思いをしてしまっている状態の人もいると思います。
その仕事を好きでやっているなら別ですが、ほとんどの人はけしてそんなことありませんよね。
むしろ最初とまったくイメージが違って、結果的に嫌な仕事を我慢して取り組み続けてしまっている状態になっていませんか?
ただどれだけ嫌だと思っていても、生活環境があまりよくない人の場合はそう簡単に辞めるわけにはいかないと思います。
だから結局身動き取れずに、現状維持という選択を選んでしまっている人が多いでしょう。

しかし、人生はたった一度切りしかないということを忘れないでください。
つまりせっかく人間として生まれてきたのであれば、どんな人も幸せをその手でつかみにいくべきです。
だから嫌なことをしている場合じゃありません。
みずから勇気と力を振り絞り、今こそ立ち上がるべきだと思います。
そうすればどんな人も嫌な現状を変えることができるはずですし、結果としてあのとき行動して本当によかったと思えるようになるでしょう。

では現状に不満を持っている人のために、現状を変えるための具体的なアドバイスをしていきたいと思います。
あなたも人生を変えたい!そう強く思っているのであれば必ず全部読んでおいてください。


まずバイトをすること!

人生をよりいっそう充実させるためには、もちろん自分のやりたいことを死ぬほどできるような環境を作ることが重要になります。
ではどうすればそんな理想郷が作れるのか?というと、そこで必ず登場するのがお金です。
つまりお金持ちになれば、あなたは死ぬまで自分の生きたいように生活をし続けることができます。
だから自由を手に入れるために、徹底的にお金稼ぎをしてもらいたいと思います。

しかし、もちろんお金を稼ぐといってもけして簡単なことではありませんよね。
ほとんどの人はなにかしら仕事をしていると思いますが、その仕事で理想的な収入を得られている人はなかなかいないと思います。
つまり言いたいことは、稼げない仕事なんてしていてはいけないという話になります。
だからこれからは稼げるものだけに絞って、仕事を選んでいかなければいけません。

ではどのような仕事だったら稼げるのか?という疑問が出てくるでしょう。
まずあなたには、あえてアルバイトという選択をしてほしいと思っています。
なぜならアルバイトという立場にはさまざまなメリットがあるからです。
世の中の人は正社員になりたいと思いがちですが、むしろメリットだけでいうとアルバイトの方が色々あります。

高時給を実現できる!

アルバイトの方がなぜいいのか?
その理由は大きく分けて2つあります。
ひとつは、時給単価が高くなりやすいということです。
月の収入だけで見るとやっぱり正社員の求人の方が高めになっていることが多いですが、ここで一番大事なことは時給換算をすること。
これをやっていない人が世の中にはたくさんいます。
ほとんどの会社では基本的に正社員の方が労働時間が長くなりがちです。
ということは時給換算にすると、意外と低いことが多々あります。
だから時給単価を見ると、アルバイトと同じかあるいは低いことがザラにあるのです。
つまり下手すればアルバイトの方が全然高時給になるということ。

そして吉祥寺には、求人によって一般的な相場よりも高時給になっているアルバイト求人が色々あります。
ということは、あなたも最初から高時給でアルバイトを始められるチャンスがあるわけです。
だから高時給を稼ぎたい人は、ぜひ稼げるアルバイトを始めてみてください。

あとアルバイトという立場は、正社員と比べて自由度が高いです。
つまりシフトをある程度自分でコントロールできるので、強制的に時間を束縛されることもほぼありません。

オススメ情報一覧

トランクを弾いている女性

「高時給アルバイトによって、誰もが幸せになれる!」のオススメ情報です。

read more »

男でも問題ありません

男性の人には大阪のキャバクラに関する求人をまず探してほしいと思っています。男性でもキャバクラで仕事をすることができますので、その詳しい内容についてここで紹介していきましょう。

read more »

入店のハードルは?

面接を受けてちゃんと採用されるかどうか不安だな…と思っている人もいると思います。特に面接でうまくいかないことが多い人は、また落とされるかもしれないと考えてしまいますよね。ではホストの場合はどうなのか?

read more »

ホストで人生大逆転

さまざまな仕事が世の中にはありますが、なんだかんだいっても夜系の仕事が一番稼げます。特に男性の場合はホストクラブに入店した方が、間違いなく生活にうるおいが出てくるでしょう。つまり理想的な人生を歩めるわけです。

read more »