現役から身を引いたあとは | 高時給アルバイトによって、誰もが幸せになれる! menu

現役から身を引いたあとは

白い服を着ている女性

多くのホストは、ある程度歳を重ねると引退する人が多いです。
大体30歳を過ぎたあたりから引退を考える人ばかりなので、あなたも同様に30歳を過ぎたあたりから考え始めることになるでしょう。
もちろん引退せずにずっと現役ホストとして活動することもできます。
人によってはむしろ30歳を過ぎてからホストになる人もいたりするので、必ずしも30歳を過ぎたら引退しないといけないといったことはありません。

しかし、それでも30歳を過ぎると引退する人が増えてきます。
一体それはなぜか?というと、若い頃のような勢いが減ってくるからです。
例えば数年前までは毎月複数の指名が取れていた人でも、歳を重ねてしまうと指名される確率が下がってきたりするわけです。
もちろん人によって違いますが、やはり若くてイケメンのホストがどんなお店でもモテやすいのは間違いありません。
だから勢いがなくなってきてしまうと、モチベーションが保てなくなり引退を考えることになるという話です。

では引退後はどうしているのか?
ある程度人気を獲得していたホストの場合は、引退後に自分のお店を持つ人が多いです。
つまりホストではなくオーナーとして仕事をするわけです。
もちろんオーナーとなればホスト時代以上の収入を実現しやすくなるので、引退後にホストクラブを立ち上げることはかなりおすすめできます。
人気ホストの場合は知名度や人脈そして金銭的なパワーを持つと思いますので、独立後も大体うまくいくでしょう。
だから引退したあとでも、現役時代にしっかり結果を残せていた人は長くお金を稼ぎ続けることができます。